関ゼミ宿泊合宿!!

<English follows blow>

  皆様、こんにちは。6/12に私達は、毎年恒例の合宿を行いました。今日は、合宿のお話しです。
  1日目〜

  お昼頃に国分寺駅に集合し、腹ごしらえを済ませて、バスに乗り込みました。今回は、東京経済大学武蔵村山キャンパスで行いました。バスでは、レクをして大盛り上がり!あっという間に、到着です。まずは、ネパールにて披露予定の、ダンス練習です。ダンス未経験者も頑張りました。


  次は、運動会です!関先生チーム、ゼミ長チームに分かれ、選手宣誓をして運動会の開幕です。玉入れ、ぐるぐるバット、二人三脚、バレーボール、バスケで、盛り上がりました。結果、大接戦の末に引き分けとなり幕を閉じました。

  夜ご飯は、皆で餃子作り!こっそり、ワサビを入れたものも作ったのですが、先生が引き当てました。引きが強いです

  お風呂を済ませ、会議室に集合です。カードゲームのためかと思いきや、2日が誕生日の亮さんのための、先生も協力の盛大な逆ドッキリのためwent なのです!ドッキリは大成功で、とても楽しかったです。
〜2日目〜
  朝ご飯を皆で作るはずが、アイスに変更になり、アイスを食べながら夜のドッキリの話で盛り上がりました。
  お昼ご飯の後は、真面目な話合いです。ネパールの小学校で行う授業の打ち合わせや、間もなく発表となるある計画(お楽しみに)に向けて準備をしました。合宿の最後は、当初の計画では、ネパールで行うミニ授業の練習!だったのですが、急遽プリクラに変更です。髪をセットし、ショッピングモールに行き撮影しました。可愛いですか??

  バスに乗り遅れたりなどありながら、無事に合宿は終了しました。

 真剣な学びゼミ合宿とおもいきや、9割遊んだ合宿でした。しかし、ネパールに向け、仲を深めること(チームビルディング)が1番の目的だったので、合宿は大成功だったと思います。新たに四年生の2人がメンバーに加わり、9人となった、関ゼミ!ネパール研修に向け、これからも頑張ります!!
  お読みいただきありがとうございました。




Hi there. We went through an annual 2-day team-building camp from 1st to 2nd June. It was just amazing. we would like to share the experience with you.

~ 1st day~
 After having lunch together at Kokubunji, we headed to the TKU Musashimurayama campus by the school bus. It took about 50 minutes, but we felt it a very short time because we enjoyed chatting and playing games.

Soon after we arrived there, we started with practicing a Japanese traditional dance for the summer study tour in Nepal.  Chisato, who used to be a member of the dance club taught us how to dance it. We practiced so hard under her instruction.

After practicing the dance, sports competition followed. We were separated into two groups, one was called ‘Mr. Seki’s team’ and the other was Mayu’s team (Mayu is the student leader of the seminar), and competed in different games, specifically, the ball-toss game, the relay race with dizziness, the three-legs race, the volleyball, the badminton, and the basketball. The competitions resulted in a draw. We were so tired after trying all those games, but we had a fun time.  

After that, we cooked a lot of gyozas (a kind of fried dumplings) for dinner. We secretly put much wasabi (horseradish) into some of them. Unfortunately, it was MR. SEKI and one other member that ate the gyozas with Wasabi. Their reaction was so interesting!

 We were planning to play cards after dinner. However, because it was the birthday of one of the members was coming within a few hours we had decided to give him a surprise, and we made it! He was very surprised.

~2nd day~
 We were planning to cook rice balls for breakfast, but we had to change a plan, because the rice Mr. Seki kindly brought for us was too old (two years old!!! Unbelievable). As a result, we had ice-cream for breakfast!
After some activities in the morning, we had lunch at shabu-shabu restaurant and ate a lot. In the afternoon, we prepare for the classes we are going to teach in an elementary school in Nepal, etc. As the end of the camp, we went to the shopping mall nearby and took photos (Puri-kura). It’s cute, isn’t it?

Before the camp, we had thought that it was something serious. However, actually, it was really fun and we had a great time. Team-building is one of the important things of the camp because we will work together from now on including the two-week study trip in Nepal. We think our friendship was promoted through the camp.
One big news is that we got two new members, Kanta Endo, and Mayo Ozaki, for the Nepal study tour. We are so happy that they have decided to join us.
Thank you for reading.


ベトナムの大学生による特別講演会開催!「Where Does Happiness Hide in Your Life?」

(English follows below.) 

  5月21日に、ベトナムのホーチミン経済大学(Ho Chi Minh University of Economics) 3年生、Phạm  Mai Lyさんによる講演会を開催しました。Phạm Mai Lyさんは、昨年の関ゼミのベトナム研修VJYE2018のベトナム学生リーダーを担っていた方です。今回彼女の来日を期にお時間を作っていただきました。

 演題は「Where Does Happiness Hide in Your Life?『幸せ』は私たちの生活のどこに隠れているのだろう。」

 今年度私たちはネパールにて2週間の国際交流研修を行います。この研修のテーマの一つが「幸せ」です。ベトナム人であるMai Lyさんの考える幸せを様々な角度からお話ししていただきました。なかでも「我々は過去に『失ったもの』に重きを置くが故に不幸を感じやすくなる。今身近にあるものに幸せを感じよう!」という主張は大変的を得ていると思いました。

    Mai Lyさんの考える「幸せを感じる秘訣」は以下の5つです。

・Positive thinking(前向きに考える)

・Flexibility(臨機応変さ)

・Healing Lifestyle(健康に過ごす)

・Mindset Change(気持ちを切り替える)

・Understanding the Reasons for unhappiness(不幸に思う理由を理解する)

です。実際にMai Ly さんが大学と仕事で忙しくなり、とてもハードな毎日を過ごしていた時期に、これらを意識したとのこと。皆さんも実践してみてはいかがでしょうか。

   我々は今年9月から「幸せ」をテーマにネパール研修に臨むわけですが、異なる国、環境の中で生活する人の感じる幸せに対してもより敏感に感じ取る必要があります。そんな中で今回のMai Ly さんによる講演会は我々にとって貴重な時間であり、学ぶべきことがたくさんありました。今回ベトナムの幸せを語ってくださったように、他国にも「happiness」という概念はあるかと思います。happinessという共通認識が、どこまで日本と共通していて、どのような点において異なるのか、今後も考慮していくべきであると私は思います。

 日本語訳なしの英語の講演でしたが、関ゼミ生は何とか講演を理解しようと、全員が必死にメモを取りながら真剣に聞きました。講演後は関ゼミ生とMai Ly さんで親睦会を開き、和気藹藹とした雰囲気で無事終了することができました。Mai Ly さん、ありがとうございました!
(文責 井上亮)

写真中央が Mai Lyさん

 Seki Seminar held a special lecture session on 21st May. The lecturer was Ms. Phạm Mai Ly, a student at the University of Economics, Ho Chi Minh City in Vietnam. She was a leader of the Vietnamese participants of VJYE 2018 in which the Seki Seminar student participated last year. 
  The theme of her lecture was 'happiness′, which is deeply related to our seminar trip to Nepal this September.
  In the lecture, she talked about her ideas of happiness, including gaps in the of thinking happiness between different generations, how to find happiness, and so on. According to Ms.Mai Ly, the following 5 factors have an influence on the feeling of happiness.

1. Positive thinking
2. Flexibility
3. Healing Lifestyle
4. Mindset Change

5. Understanding the Reasons for unhappiness

  All of the contents were well organized and amazingly interesting. Especially I was struck by the idea: we tend to feel unhappy when we think “what we have lost”.
Furthermore, the lecture was only in English. It means we had to understand it without translation to Japanese. But all of the members tried their best to catch up with her lecture. 
After her lecture, we had dinner together at a Nepali food restaurant. We enjoyed talking in a warm atmosphere. 
This lecture made us consider what happiness means more deeply and carefully from different perspectives. 
We would like to express our deepest gratitude to Ms. Mai Ly for preparing for such a fruitful lecture for us.



「幸せについて考える」AAEEイベントに参加しました!


(English version below)

5月11日は関先生が代表理事であるAAEE(アジア教育交流研究機構)が主催をしているイベントに参加しました。関ゼミはAAEEと合同で様々な活動を取り組んできました。これは私たちゼミ生にとって、大学や年齢を超えてたくさんの学生と交流を深められることができるとても良い機会です。


今回のイベントのテーマは「学生だからこそできる国際協力とは」です。学生が主体となり、学生にしか出来ない国際交流や支援活動について考えていく素晴らしいテーマに基づいたイベントとなりました。内容としては今年の2月と3月に行われた「Mero Sathi Project 2019」での活動報告を実際に現地に行った方々から聞くことができました。



2月のプロジェクトの報告では「幸せ」をテーマに、ネパール人と日本人の幸せの価値観の違いを見出し、「幸せ」の本当の意味を理解していく心温まる報告内容を聞くことができました。この報告の考察として「幸せとは、日々の生活から積極的に見出し感じるものであり、幸福な人は身近な幸せに気づけていている」というのを聞いて私は、幸せは勝手に降ってのではなく日常から何が幸せなのか自分自身で考え、見つけていくことが大切だということがわかりました。また、それがネパールの人たちは日常的にできているというのを聞いてとても驚き、関心が持てました。


3月の報告では「Mero Sathi Project」のビッグプロジェクトのひとつである、「ヤギ小屋プロジェクト」の報告をしてくれました。これに関わったメンバーは貧困で苦しんでいるネパールの人たちのために、自分たちでためたお金を元手に「ヤギ小屋」というのを作りその収益をネパールの学校の教育費に当てるという普通の人では考えられないようなことを達成しました。「なぜ、そこまでこのプロジェクトに熱心に取り組めるのか?」という質問に彼らは、「自分たちはネパールの人たちのためにやってあげていると考えるのでなく、この活動を通して学ばせてもらっていると考えている。」という言葉に感銘を受けました。


グループディスカッションの時間では「経済発展か伝統文化の尊重」のどちらが大切かについてグループごとに話し合いをしました。どちらも大切にしないといけないという思いとネパールの現状を照らし合わせて意見をまとめることは難しいことですが各グループとても良い意見を発表していました。



今年の関ゼミの活動のテーマは,「幸せ(Happiness)」についてなので今回のこのイベントを機に自分たちのモチベーションをさらに上げ、より良い研修にするためにこれからの活動を頑張っていきます!!


On May 11th, we participated in the event held by AAEE, Asia Association of Education and Exchange and Seki Seminar, Tokyo Keizai University. (Our professor works as a president of AAEE). This event was supported by the Ministry of Foreign Affair of Japan, and Japan Agency of International Cooperation (JICA). Seki seminar had conducted a lot of activities together with AAEE. They are good opportunities for us to promote friendship and cooperation with students from different universities in Japan and in other Asian countries.

The main purpose of the event was to reflect on the Mero Sathi Project, which AAEE conducted in February and March this year.
The theme of the project in February was `happiness‘. 6 Japanese and Nepalese students discussed and did research together for 2 weeks in order to find what happiness means for them and people who they interviewed in Nepal. We were really attracted to the topic. The research shows that happiness can be found and felt in our daily life. Also, We learned that happiness will not come to us if we just wait for it, but happiness is something we should try to find in our own life. The research pointed out that Nepalese people are better at feeling happy in their daily life. We should learn from them.

The theme of the March project was to build a goat shelter for the victims of the earthquake which hit Nepal in 2015. We were very surprised at the accomplishment they had achieved. In Japan, they worked so hard to earn money both for their travel expense to Nepal and for the goat shelter. The amount is not cheap at all. Also, they created an excellent system so that the profit coming from the goat raising project could support both the victims of the earthquake and the local school. We were really impressed by their comment, “It is true that we went to Nepal to support people there. However, it resulted in learning so many important things from the people there.

In a group discussion, we discussed “Which is more important,  economic growth or conserving traditional culture?” It was difficult to choose one of them because both of them were important thinking of the current situation of Nepal. But each group tried hard to express their opinions.

Seki Seminar will hold an overseas study program in Nepal this September, and the main them us ‘Happiness’. Therefore, attending the event this time motivated us at. We deeply appreciate AAEE members for providing us with such a wonderful opportunity.



外部講師講演会開催!!

【講演会内容】
実施日:5月21日 火曜日
講演者:Pham Maily
実施会場:E401
講演言語:英語(通訳なし)
主催:東京経済大学関昭典ゼミナール
後援:AAEE, アジア教育交流研究機構
対象:学内学生・学外学生(教職員も可)

【講演会趣旨】
今年度の関ゼミでは、異文化コミュニケーション力やそのための英語力を高めると同時に、国連SDGsとも深くかかわる人々の「幸せ」に焦点を当てて、国内外の学生と議論を深めていきます。その一環として、一期には講演会を二度行い、講師が「幸せ」についてどう考えるかを理解して知見を深めると同時に、今後の活動の指針とします。

【講演者情報】
University of Econimics, Ho Chi Minh City (UEH, University of Ho Chi MInh City ホーチミンのトップ大学の一つ)この国際経営学部学生、昨年9月に2週間にわたって開催された関昭典ゼミベトナム研修(現地ではVietnam-Japan Youth Exchange 2018という名称)のベトナム学生リーダー。リーダーとして研修開始前から関先生やゼミ学生と共に、準備活動に取り組み、研修開催中も現地大学教員と連携を取りながら研修を取り仕切りました。ホーチミン経済大学教員より絶対の信頼を置かれる学生です。

なお、本講演はすべて英語で行われる。なお、第二回の開催日は6月4日(火)、講演者は東京経済大学卒業生で関ゼミに2年間所属していた北野宏晃さんです。

ネパール支援家、垣見一雅(OKバジ)氏からの便り A letter from OK Baji in Nepal

(English version below)





昨年AAEEと関ゼミが合同で行ったMero Sathi Projectで集まった支援金をネパールで長年貧困支援に取り組み、以前関ゼミでも何度も講演いただいているOKバジさんにしました。その支援金がネパールの辺境の地チムダーダ村に2019年3月6日に開設された幼児教室のために使われました。昨年7月11日に託した26,937円教室のマットと絨毯、テーブルを購入したそうです。今まで学校がなかったこの地域では小学校低学年の子供たちは教育を受けることができなかったそうです。この学校のおかげで、ようやく初等教育が実現します。
日本で暮らす私たちにとって学校があり勉強できることは当たり前ですが、そうではない人たち、支援を必要とする人たちも世界中にはたくさんいます国連SDGsゴール4「質の高い教育を世界のみんなに」些細ではありますが、私たちができる範囲で貢献していきたいと思います。(文責:西澤 朱里)


As you may know, Seki Seminar has engaged in supportive activities for poor people and poor communities in Nepal for the last 10 years. Then right after a strong earthquake hit the country 4 years ago, we started a fundraising activity called Mero Sati Project (‘Mero Sati’ is ‘My Friend’ in English), together with AAEE, Asia Association of Education and Exchange.   

Last year, we left the donation to OK Baji (Mr. Kazumasa Kakimi) who has been supporting poor people in Nepal for the last 20 years. The donations were used for an elementary school which was built last March. The money was spent on a floor mat, a carpet, and desks in the school classrooms. Surprisingly, there had been no school around that area until this year! We couldn’t believe it.
To us who live in Japan, it is nothing special that we study in school. However, in the world, there are so many people who are still in need of getting even basic school education. Therefore, we think it our duty to contribute to the SDGs goal 4: Ensure inclusive and equitable quality education and promote lifelong learning opportunities for all!(written by Akari Nishizawa)





2019年度 関昭典ゼミ開幕!



(English version below)
   お待たせしました!
 2019年度関ゼミがスタートしました。初回の授業は何と関先生の研究室でピザやチョコレートを食べながらアットホームな雰囲気で行われました。大学の授業でしかも初回でピザやチョコには驚かされました。内容は主に今年度の活動内容の確認。関ゼミにはゼミ生以外部外秘のマル秘資料があることを今回初めて知らされました。関ゼミの活動は、突発的に見えて超綿密に練られています!

 今年度はなんとゼミ生がわずか5名。関ゼミ史上2番目の少人数ゼミです。しかし選考を通過したゼミ生は最強です!間もなく日本は「令和」時代に突入しますが、関ゼミも昨年度とは全く違う「新時代」の幕開けです。今後の活動がとても楽しみです!
また夏の研修はネパールとタイで行われることがほぼ決定しました(「ほぼ」という表現が気になりますが)。英語の個人学習含め、個々のゼミ生が力をつけ、結果として関ゼミのクオリティが上がっていけばいいと思います。

 そして!ゼミの授業開始前に、関先生の前任校である新潟県立大学(旧県立新潟女子短期大学)の元教え子のお二方がいらっしゃいました。卒業後以来の再会ということで、関先生は2時間以上質問攻めになさったそうです。
お二方の経歴をざっくりと紹介します。

金子愛理さん(写真右)
卒業後、JICA関連の動物愛護ボランティアをサモアでし、その後JICA青年海外協力隊に合格しガボン共和国派遣が内定するも愛犬介護のために辞退されました。
数年後に再び合格しインドネシアで二年間廃棄物処理業務に取り組み、その縁で帰国後は九州の企業に就職して六年間、一年の大半をインドネシアで暮らす生活をしているそうです。今は仕事の傍ら博士号取得に向けて最終段階だそうです。
薩摩陽子さん(写真左)
卒業後、なんと財務省に就職。周囲から羨望の的でしたが、霞が関で待ち受けていたのはとても過酷な日々だったそうです。財務事務次官室秘書アシスタント、財務副大臣室秘書、国際部に所属し、一見華やかな部署ではあるものの体力的にも精神的にも激務だったそうです。その後アメリカに在任し、最近の気持ちの変化により辞職。そして次の目標は動物愛護だそうです。
お二方ともとても素晴らしい方で、私たちは強い刺激をうけました。ありがとうございました!
(文責 海野 真由)
金子愛理さんからインドネシアのチョコレートをいただきました


Seki Seminar 2019 START!

Seki Seminar 2019 has finally started. The first Seminar class was held at Professor Seki’s research office. We couldn’t believe the warmest atmosphere of the class where we even enjoyed pizzas and chocolates.
This year, the seminar is composed of only 5 students. This number is the second smallest in the seminar’s history. However, each student is highly motivated, talented, and cheerful. In Japan the new era, REIWA will start in a month. Seki Seminar also has just begun a new era which is completely different from previous years. We are really looking forward to the activities from now on!
One of our main activities is the 2-weeks oversea training program in September which may be conducted in Nepal (and Thailand). We will try our best for each of our goals including raising cross-cultural competence and English skills.

Before the seminar class, professor Seki’s former students he taught at Niigata University, Ms. Airi Kaneko and Ms. Yoko Satsuma, visited his office.
They met Prof. Seki again for the first time after their graduation 15 years ago!, We got super motivated after listening to their life history. They are so amazing! We want to be like them in the future. Ms. Kaneko and Ms. Satsuma, thank you so much for visiting us.

(written by Junpei Koyama)

ご卒業おめでとうございます!

2019年3月22日に関昭典ゼミナールから5名の先輩たちが卒業しました。おめでとうございます!
卒業式当日、関先生の研究室にてお別れ会を開催しました(部屋の装飾は在学ゼミ生や新ゼミ生が担当しました)。式を終えて研究室に異動した卒業生に、まさかの、先生から各卒業生に、最後の卒業試験問題が課されました。以外に難しく大苦戦した先輩もいましたが結局、無事全員が卒業できました。
卒業試験(?)に臨む卒業生たち

その後国分寺市内のレストランにて祝賀会も行いました。
祝賀会の様子

以下、先生から卒業生に向けてのメッセージです。

 (たぶん)一度きりの大学生生活、いかがだったでしょうか。数あるゼミの中から関ゼミを選び活躍してくれてありがとうございました。
「Global Competenceの伸長」が関ゼミの一番の目標なのですが、皆さんは私が想定する以上のレベルまで到達してくれました。正直とても驚いています。身につけた力をぜひ社会人として世のため人のために活かしてください。
また、皆さんは国際協力の観点でも立派な貢献をしてくれました。具体的には、途上国に自ら出かけ、外国人学生との交流機会に中々恵まれない現地学生たちに国際交流の機会を与えてくれました。彼らがあなた達から得た思い出は彼らを一生支え続けることでしょう。
皆さん一人一人と語り合った時間は私にはとても貴重でしたし多くを学ばせていただきました。忘れません。ご卒業おめでとう。

素晴らしい先輩方の後に続き、2019年度の関ゼミも猪突猛進、精一杯頑張っていきます。


関昭典ゼミ2018終了!

 TKU関昭典ゼミナール2018が、今週で終了となります。聴講生、ゼミ外生、学外生、国外生の出入りもあり通常の授業ではお目にかかれない独特の空間を味わうことができました。

 今年一年間の活動を簡単におさらいします。
 まず前期の授業では、ベトナムでのゼミ研修に備えて異文化コミュニケーションの手法を集中的に学びました。一見遊びにしか見えない活動もすべて文化学習の一環。

 加えて聴講生たちのたっての希望で、昨年に引き続き「TKU ENGLISH FAIR 2018」を開催。多くの東経大生に参加していただき大成功でした。

 その後ネパール支援家のOKバジさんやゼミ卒業生で韓日翻訳家の長谷川睦美さんの講演会を開催。英語学習、外国語学習、国際協力など関ゼミ生として備えるべき知識を幅広く吸収させていただきました。


 9月には関ゼミ恒例の海外ゼミ研修。今年はベトナム・ホーチミンとファンティエットにてホーチミン経済大学の学生と完全密着系の2週間を過ごしました。

 今年の研修の特徴としては何と言っても、まさかの・・・プログラム開始後に・・・ある日いきなり・・・プログラム内容が変更になったことです。私たちもベトナムの学生も、2週間一緒にビーチで語りつくす、遊びつくすことをイメージし、中には海の中で写真が撮れるように防水ケースを準備した人もいるほどです。しかし、日本側のある人のある一言がベトナムの教授陣に火をつけてしまい、「貧困と教育」に関するガチ調査合宿に変わってしまいました。これにはさすがの関先生も絶句していましたが、決まったらやるしかありません。最終日に参加することが決まってしまった「INTERNATIONAL PRESENTATION CONPETITION 2018」に向けて5人一組に別れてひたすら調査に取り組みました。


 そしてまさかの・・・2組受賞!!申し述べておきますが、関ゼミ生だからと言って皆が英語が得意というわけではありません。普通の「英語が好きだけどまだまだ」の学生も少なくないのです。しかし、120パーセントの力を振り絞って頑張り続けました。予測困難、何が起こるかわからないのが関ゼミの醍醐味とも言えます。来年のゼミ研修では一体何が起こるのか・・・。


 関ゼミの特徴として「学生の希望に合わせて活動内容を調整する」ことが挙げられます。ここ数年はゼミ生の意向で後期に国内外の学生と協力して外務省・JICA後援のイベントを作り上げてきました。しかし今年は個人の活動に集中することを好むゼミ生たちの意向により、行事的なことやブログによる活動紹介などは行わず、個人研究・個人英語学習を中心に行いました。昨年までと比べるととても静かな雰囲気で少し寂しい気もしましたが、一人一人はしっかりと学びを深めることができました。


 地味な後期でしたが、決めるところはしっかりと決めるのが関ゼミです。
11月後半にはゼミ研究発表会に4年生2名が代表参加。直前のリハーサル不足がたたり、まさかの・・・時間切れで考察部分を言えずに終了泣。関先生から呆れられましたが、その2名が翌月に見事にリベンジ、「TKU ENGLISH PRESENTATION CONTEST 2018」で最優秀賞をダブル受賞し、周囲を驚かせました。

 さらに最後にとどめを刺すように、英語学習マニアのゼミ生(4年生)がまさかのTOEIC 910点を取得。400点からのスタートで留学もしていない人だったので一同絶句。4年生が先輩としての風格、意地、実力を見せつけてくれました。

 時を同じくして関ゼミの異端児(正式には聴講生)が12月半ばにオーストラリア留学を終えて帰国しました。このゼミ生は大学一年の秋に関ゼミのイベントに参加して感銘を受け「絶対にゼミに入りたい」と言って志願してきた人です。その学生、今年度は聴講生として単位に関係なくゼミの活動を盛り上げました。とりわけ、前述の「TKU ENGLISH FAIR 2018」は彼女なしには実現しませんでした。その彼女は今週、留学の成果発表プレゼンに臨みます。よい結果が期待されます。

 関ゼミの締めは、ゼミOB青嶋一輝さんによる講演会&オープンゼミ。2013年~2015年のゼミ活動への取り組みと現在の活動との関連について熱く語ってくださりました。かっこよかったです。

 
 最後に、このブログを読んでくださっている方の中には、関ゼミへの応募を検討している人たちも含まれます。その人たちへのお知らせです。
Ⅰ.来年度は心機一転
検討の結果関ゼミは今年で一度リセットし、来年度は心機一転新しいメンバーで活動することとしました。ですから今年からの継続生は前述の異端児一名以外はいないと考えていただいて結構です。
Ⅱ.募集対象者
2年生、3年生のみとします。2019年度ー2020年は継続可能なゼミとする予定ですので、関先生が許可した場合には2020年度4年生も継続することが可能です。
Ⅲ.海外ゼミ研修について
関先生からの情報では以下の3パターンの内のどれかが実現するように交渉中だそうです。
 1.インドネシア+タイ、バンコク(2週間)
 2.インドネシア(2週間)
 3.ネパール(2週間)
今年も年度当初はインドネシアが最有力候補でしたが、まさかの・・・インドネシアの法律変更?によりベトナムでの開催となりました。インドネシアでの国際交流プログラムの開催は関先生の念願だそうで、何とか実現するといいなぁ、と願っています。
Ⅳ.両立について
 他の活動、他のゼミなどと両立は可能なのかどうか、改めて関先生に確認してみました。先生の回答は一言「本人次第」だそうです。先生曰く「これまで関ゼミで活動していた人で関ゼミのみに専念していた人など一人もいない」そうです。自分で決めるしかありませんね。
Ⅴ.英語力について
 これも関先生に確認しました。以下の2つに要約できます。
・海外ゼミ研修で交流する現地の大学生は英語での国際交流を心待ちにしている。その人達とコミュニケーションが取れなければ、プログラムが成り立たない。非英語母語話者とコミュニケーションが取れる程度の英語力が必要
・英語力は「やる気」があって努力を継続すれば個人の頑張りでかなり伸ばすことができる。一方で努力しなければ習得は絶対に無理。個人的に本気で学習に取り組んでいることが必要
(関先生の方針はこれまでとほとんど変わっていないようですね。私たちも英語は自分たちで頑張ってきました。)

Ⅵ.関先生からのメッセージ
 関先生から本記事のために口頭でメッセージを寄せていただきました。
「正直、自分の限界点を自分で決めて予防線を張って生きている学生が多いなぁと感じることが少なくない。それだといつまでたっても自分の想定内の自分にしかなれないですよ。若いんだから、失敗を恐れずに夢と希望を大きくもって、想定外の自分を目指していろんなことにチャレンジしましょう!そんな人と一緒に活動したい!」

参考にしてください。

以上、長文になってしまいましたが、これにて関ゼミ2018を終了とさせていただきます。

関昭典ゼミ2019をお楽しみに!

(文責 2018年度ゼミ長 吉野歩 2017年度ゼミ長 加藤 裕貴)


㊗️現役関ゼミ生TOEIC910点取得!


石垣航平さん、おめでとうございます!

 2017年度から関ゼミで頑張っている石垣航平さん(経営学部4年)がやってくれました。1年次終盤、450点からのスタート。地道に努力を重ね、この度目標としていたTOEIC900点にようやく到達しました。本人から知らせを聞いた瞬間大歓声。国内で個人学習のみでの900点越えは英語学習者の鏡です(途上国の人々にとっては当たり前ですが)。さらに石垣さんの場合、いわゆるTOEIC点取り屋ではありません。英語実践力も異文化コミュニケーション力もしっかりと身につけました。ゼミのネパール研修でもベトナム研修でも人気者。大活躍しました。

 関先生とは帰りの電車経路が一緒であることもあり、ゼミの後の帰り道などによく話し合いをしていたそうです。関先生は石垣さんについてこう述べています。「彼の頭には常に英語学習がった。周囲に多くを語らずに密かに猛勉強をしていることを僕に打ち明けてくれ嬉しかった。そんな彼を密かに応援し続けてきた。そして心から尊敬していた。」
 今年度はゼミの「英語学習大臣」に就任し、他のゼミ生を鼓舞してくれました。さらに、ゼミ生のみならず東京経済大学の多くの学生に刺激を与えてくれました。


 TOEIC900点を突破したことはすごいですが、それ以上に、目標に向かって三年近く本気で取り組み、自力で目標に到達したことが尊いと思います。
※本人の許可を得て皆さんに報告します。

ゼミOB講演会 兼 関昭典オープンゼミを開催

青嶋一輝さん
 青嶋一輝さん講演会 兼 関昭典オープンゼミを開催しました。
 2013〜2015年度関ゼミ生の青嶋さんが、高校時代から社会人2年目までの軌跡を完璧にまとめあげてくれました。オープンゼミの趣旨を理解し、就活を控えるゼミ三年生にも配慮し参加者すべてが学べる内容。参加者からは、「5限パワポ資料もないトークで、最後まで眠くならなかったプレゼンは初めてでした」とのコメントもでました。ゼミ生もゼミ外生も必死にノートを取りながら夢中になって話に聞き入っていました。
 次から次へと襲ってくる苦境を持ち前の優れた想像力、忍耐力、行動力を持って乗り終えていく様子にはゼミ生一同とても関心していました。
 ゼミ出身の卒業生の皆さんが卒業後もずっと支え続けてくれているというのが特徴です。しかも、関ゼミのポリシーである「自由な雰囲気」が根付きゼミ生が望めばかなりフレンドリーに相談に乗ってくれます。青嶋さんも、「自分が得た経験は喜んでゼミ生に還元しましよ」と仰ってくれました。今回の講演会に向けても、お忙しい中、相当に準備して臨んでくださりました。
 ご講演で語ってくださった青嶋さんの夢をぜひ実現してほしいです。私たちも、青嶋さんのように大きな夢や目標に向かう人生を歩んでみたいです。
 最後に・・・
 忘れてはいけないのが、大学の皆様の支援です。講演会の企画を大学の職員の方に相談したら、写真にあるようにとても豪華な立て看板を大学構内の一番目立つところに設置してくださりました。関先生は、「君たちの活動を応援し、下支えしてくれている方々がいることを忘れてはいけない。その方々のためにもきみたちは最大限の努力をしなければいけない」と仰っていました。その通りにします。
 ご支援くださった皆様にこころより感謝申し上げます。
 




速報 関ゼミ生が英語プレゼンテーションコンテスト、最優秀賞W受賞!

関昭典先生も驚きのW受賞!

 12月15日(土)に開催された「英語プレゼンテーションコンテスト2018」(厳正なる予選を通過した上位10組による決勝戦)において、なんと、東京経済大学関昭典ゼミナールゼミ生2名が最優秀賞をW受賞しました。昨年に続く快挙です。受賞したのは、加藤裕貴さん(昨年度ゼミ長、今年度は何でも屋)と吉野歩さん(昨年度何でも屋、今年度ゼミ長)です。加藤さんは環境問題について、吉野さんはジェンダー問題について独自の視点で議論し、審査員をうならせました。関ゼミでは近年、持続可能な開発目標(SDGs)についての学びも深めており、その成果が存分に発揮されていました。

環境問題(SDGsゴール7)について話す加藤さん

 関ゼミには、特に授業で英語学習にフォーカスするわけではないのに、やる気になってゼミ活動に取り組むとなぜか英語力が向上するという不思議な特徴があります。今回のプレゼンテーションに向けても関先生によるヘルプは一切なしでした。

ジェンダー問題(SDGsゴール5)について話す吉野さん

 英語プレゼンを目標にゼミ活動に取り組んでいるわけではありませんが、周囲からは「来年は3年連続W受賞か?」などという声も聞こえてきて、プレッシャーがかかります。
 
 加藤さん、吉野さん、関ゼミの皆さん、おめでとうございます!最高のクリスマスプレゼントとなりました。メリークリスマス!